HOME > 学会について > 日本成人先天性心疾患学会のご案内・沿革

日本成人先天性心疾患学会のご案内

日本成人先天性心疾患学会理事長挨拶

理事長 赤木禎治
理事長 赤木禎治

 このたび日本成人先天性心疾患学会の理事長を拝命いたしました赤木禎治です。私は前理事長の丹羽公一郎先生と共に設立当初から本学会と共に歩んできました。当初は一部の小児循環器科医、心臓外科医を中心に症例報告を主体として行われていた研究会が、会員数増加とともに学会となり、さらに専門医制度と修練施設制度を持つ学会までに発展することができたこと本当に嬉しく誇らしいことです。これまでご尽力いただいた多くの学会会員の皆様に心から感謝申し上げます。
 我が国の人口動態、そして心臓外科の治療成績の向上を考えると、成人先天性心疾患患者さんの診療体制確立は、まだまだ十分なレベルには達していません。現時点で国内に推定50万人以上の患者さんが生活され、さらに毎年1万人近くの患者さんが新たに成人領域に達するという事実にしっかりと対応していく組織力が必要と考えています。この活動の中心となるのが、国内に約80施設認定された総合修練施設と連携修練施設になります。そこに勤務される成人先天性心疾患(暫定)専門医の方々を中心に、多領域にわたるチームワークで、成人先天性心疾患の患者さんにより良い治療や管理を受けることのできる機会を広げることができればと思います。
 日本成人先天性心疾患学会は、現在の状況で留まるわけにはいきません。今後も増加する患者さんへの医療、そしてより重症な患者さんに対する新しい医療を確立するために、幅広い領域に渡るさらなる医療スタッフが必要です。循環器内科医、小児循環器科医、心臓血管外科医、産婦人科医、麻酔科医、消化器内科、腎臓内科、精神神経科、そして看護師を中心とした多職種の方々の仲間をさらに増やし、国内の診療体制充実に貢献したいと考えています。
 成人先天性心疾患領域における教育体制の確立は特に重要です。これまで学会主催のセミナーを中心として、多くの時間をかけてきました。今後も年2回の全国規模のセミナー開催に加え、地域ごとの教育セッションを定期的に開催し、新しい医療情報そして地域診療ネットワークの確立に尽力したいと考えています。
 新たなエビデンス、より高いレベルのエビデンスも要求されます。心不全、不整脈、肺高血圧などに対する新しい治療の取り組み、新しいカテーテル治療の導入、心臓外科の長期予後など本学会に課せられた課題は多大なものがあります。会員の皆様のご協力を得て各方面にわたるレジストリー研究を積極的に進め、我が国から世界に向けて新たな情報を発信したいと思います。
 日本成人先天性心疾患学会は国際的に見ても充実した組織になりました。米国を中心としたACHDグループ、ヨーロッパを中心としたEuro GUCHとの活発な交流を続け、さらにアジア地区のリーダーとして貢献したいと考えています。Asia Pacific Society for ACHD および2019年より開始したAsia Pacific Society for ACHD Symposiumを積極的に支援し、人的交流を進めていきたいと思います。
 日本成人先天性心疾患学会の一番の目標は、すべての先天性心疾患の患者さんが安心して健康な生活をおくることができるような医療に貢献することです。学会会員の方々と一丸となって新たな目標へ進みたいと考えています。


沿革

 本学会の芽生えは,日本循環器学会学術委員会が企画し、1998年に発足した成人の先天性心疾患の治療及び合併症予防のガイドライン作成の研究班(班長:東京女子医科大学循環器小児科 門間和夫教授)に始まる。

 この研究班は、班員11人に班友11人で構成され、分担で、成人の先天性心疾患の治療及び合併症予防のガイドライン作成を行った。1999年1月に、この研究班が、公開した研究発表会をかねて研究発表会を開いた。これが、第1回成人先天性心疾患研究会(会長:門間和夫)であり、循環器小児科、心臓血管外科、循環器科、産科などから広く参加者を得た。
 その後、第2回成人先天性心疾患研究会(会長:門間和夫教授)は、成人先天性心疾患診療ガイドライン発表会をかねて、2000年に開催された。このときは参加者が増加し、UCLA/Ahmanson Adult Congenital Heart Disease CenterのDirectorで、この分野の世界的な第一人者であるJoseph K Perloff教授が特別講演者として招かれた。成人の先天性心疾患の治療及び合併症予防のガイドライン作成の研究班のその成果は、循環器病の診断と治療に関するガイドライン(1998-1999年度合同研究報告)成人先天性心疾患診療ガイドラインJapanese Circulation Journal 2000;64 Supple IV, page 1167-1204. として公表された。2回の研究会開催後、学術団体として公的な研究会設立の機運が高まり、2001年第3回成人先天性心疾患研究会(会長:加藤裕久)において正式に世話人代表(門馬和夫)、世話人、会則、事務局が決定した。研究会の正式名称は日本成人先天性心疾患研究会(Japanese Society for Adult Congenital Heart Disease)となった。また、研究会の目的が、成人先天性心疾患研究を通して広く人類の健康の増進に資することと決定され、この研究会の正式なスタートとなった。同時に、学会web pageも開設(立野滋)され、広く研究会の広報を続けている。その後、研究会は、順調に会員数を伸ばし2001年には、300人を超え、学会員の専門科目も循環器小児科、循環器内科、心臓血管外科、産科、麻酔科、心理学など多岐にわたり、学術集会参加者も医師、技師、多職種専門職、心理学者と幅広い職種や患者及びその家族が参加するようになった。このような背景から、2010年1月9日の世話人会において、研究会から学会への移行が世話人の全員一致で決議された。初代理事長として、世話人代表であった丹羽公一郎が選任された(副理事長:赤木禎治、八尾厚史)。このときから団体の名称を、日本成人先天性心疾患学会へと変更した。
 世界成人先天性心疾患学会(International Society for Adult CHD; ISACHD)や欧州成人先天性心疾患学会(European Grown Up Congenital Heart Disease: Euro GUCH)との密接な提携と相互交流を強めた。また、2008年に設立されたアジア成人先天性心疾患学会(Asia Pacific Society for ACHD;APSACHD)は、2010年7月に東京で学術集会を開き、その後も本学会との提携をつづけている。
毎年学術集会を開催しているが、学術集会会長は、循環器内科、循環器小児科、心臓血管外科、産婦人科会員が担当して、それぞれの専門科に特徴的なセッション構成で開催している。この点も本学会の大きな特徴である。毎年、学術集会には、国内外から約600〜800名程度が参加している。アジアからの参加者が多い点も特徴の一つである。2019年1月の第21回日本成人先天性心疾患学会学術集会(会長:伊藤浩教授)では、第1回Asia-Pacific Society for Adult Congenital Heart Disease Symposiumも同時開催された。また、2007年からは、この分野の教育を目的として、成人先天性心疾患セミナーを開始し、2012年からは、年2回の開催を継続している。
 成人先天性心疾患ガイドラインは、本学会の参加のもと(2011年丹羽公一郎班長)、2017年(市田蕗子班長)に改訂版が発刊されている。また、2018年に移行医療に関する提言が、本学会を含む8学会から上梓されている。
会員数は順調に増加して、2019年には1000名を超える会員数を擁する学会と成長している。

 2019年4月1日より、学会独自の専門医制度であるが、暫定専門医制度を開始した。成人先天性心疾患暫定専門医(173名)および専門医修練施設(81施設)を認定し、我が国の成人先天性心疾患の診療体制・教育体制をさらに強化している。専門医制度確立には、松田暉、市田蕗子を中心として開始し、専門医修練施設に関しては、成人先天性心疾患対策委員会(循環器内科ネットワーク)(八尾厚史)の所属施設と厚労科研研究班(白石公)データが広く認定に役立っている。

 2020年には、理事長が交代(赤木禎治)し、2020年4月には、一般社団法人化への移行が行われる予定である。

【団体】

日本成人先天性心疾患研究会発足:1998年1月
日本成人先天性心疾患学会へ移行:2010年1月
一般社団法人日本成人先天性心疾患学会へ移行:2020年4月

【歴代世話人代表・理事長】

2000年〜2004年1月
初代 世話人代表 門間和夫
2004年1月〜2010年1月
二代 世話人代表 丹羽公一郎
2010年1月〜2020年1月
初代理事長 丹羽公一郎
2020年2月〜
二代理事長 赤木禎治

【会員数】

352名
(2012年12月31日時点)
450名
(2013年12月31日時点)
497名
(2014年12月31日時点)
596名
(2015年12月31日時点)
729名
(2016年12月31日時点)
779名
(2017年12月31日時点)
997名
(2018年12月31日時点)
1062名
(2019年12月31日時点)
研究会 会 長 開催日 会 場
第1回 門間 和夫 1999年1月9日 フクダ電子株式会社本郷事務所
第2回 門間 和夫 2000年1月8日 フクダ電子株式会社本郷事務所
第3回 加藤 裕久 2001年1月13日 フクダ電子株式会社本郷事務所
第4回 黒澤 博身 2002年1月12日 フクダ電子株式会社本郷事務所
第5回 宮武 邦夫 2003年1月11日 フクダ電子株式会社本郷事務所
第6回 丹羽公一郎 2004年1月10日 フクダ電子株式会社本郷事務所
第7回 石澤  瞭 2005年1月8日 フクダ電子株式会社本郷事務所
第8回 八木原俊克 2006年1月7日~8日 フクダ電子株式会社本郷事業所
第9回 高橋 長裕 2007年1月13日~14日 フクダ電子株式会社本郷事業所
第10回 中西 敏雄 2008年1月12日~13日 東京女子医科大学弥生記念講堂
第11回 赤木 禎治 2009年1月10日~11日 岡山コンベンションセンター
第12回 千葉 善英 2010年1月9日~10日 梅田スカイビル
第13回 城尾 邦隆 2011年1月8日~9日 福岡国際会議場
第14回 市田 蕗子 2012年1月14日~15日 聖路加看護大学
第15回 松尾 浩三 2013年1月19日~20日 学術総合センター 一橋記念講堂
第16回 佐野 俊二 2014年1月11日~12日 岡山コンベンションセンター
第17回 庄田 守男 2015年1月17日~18日 学術総合センター 一橋記念講堂

第14回学術集会以降の過去の学術集会情報はこちら

これから開催する学術集会情報はこちら